ブランク看護師 働き方

ブランク看護師の働き方について

ブランクがある看護師さんだと、
基本的に看護の基礎的なことを忘れてしまっていることも多くなりますし、
しかも、体力的な問題もあり、いきなり復帰して常勤で働くということはできないと考えられます。

 

実際にブランク看護師のプリセプターを勤めてみると、
ブランクが長ければ長いほど、スタッフなどと打ち解けるまでに時間を要する人が多いと思いました。

 

やはりブランクが空いてしまっているので、スタッフと対等に話すことが難しくなってしまったり、
仕事に体がついていかなかったりもしますし、
自分で分からないことさえ調べる気力さえないという人が多いと思います。

 

子供のいる看護師さんの場合でも、
子供が小学生になってから復帰しようと考えていても、
ブランクが既に6〜7年になるので、復帰をすることに体がついていかないこともあると思います。

 

いきなり常勤で働くということには無理がありますので、
まずは体を慣らしていくというような意味も込めて、
単発バイトや派遣を始めてみるのが良いんじゃないのかなと思います。

 

それからゆっくりと体を慣らしていき、
その後の常勤での復帰をできるようにしていくという方法が一番良いんじゃないのかなと思います。